女は共感、男は解決

共感して欲しい女と解決策を見つけようとする男

まさにその通りだなって今回旦那と喧嘩して実感した

結婚式も婚約指輪も興味無いからやらなくて良いって

言ったんだしバツイチと結婚したのであって

本当に式場で挙げるのが夢で婚約指輪もプロポーズの時に

欲しかったらバツイチなんて選んでない(笑)

けど、慣れない育児にイライラしてその気持ちを

旦那にぶつける為に思って無い事を手紙にしたり

口でも言ったけど別に婚約指輪欲しいとか結婚式やりたい

とかそういう事じゃなくて、そういう話になったときに

「そうだね」って単に共感して欲しかっただけで別に

「やってくれ」なんて言ってないのに旦那は「やればいい」

「俺はやりたくないなんて言ってないし婚約指輪も

渡さないなんて一言も言ってない」とか言って

結婚式やろう、結婚指輪も買い直すって

そうすればコイツの気持ちも収まるんだろうみたいな

まさに解決策を見出す答えが返ってきて

あぁ・・・ってなったけどやっぱり共感を求めるのは

オンナ特有のアタマの構造なんだなぁって思ったし

男は狩りをして生きてきた本能があるから

共感なんかしてるヒマがあったらいかに効率良く

獲物を仕留めることが出来るのかって解決策を

見つけないといけないみたいなアタマの造りなんだって。

今は女性も社会でバンバン活躍してて男性より稼いでる

女性もたくさんいるから昔みたいに近所の人と

井戸端会議ばかりして「そうよねぇ、そうなのよ~」

みたいな会話してる人あまり居ないと思うけど

もうこれは先祖代々受け継がれてきたオトコとオンナの違い

DNAに組み込まれてるものだから仕方ないのかなって。

でもなんで一言「そうだね」とか「そうだよね」って

言えないのかなっていつも思うけど(^_^;)

一言でも良いから共感してくれたって分かる言葉を

言ってくれればそれで落ち着くのに余計なこと言うから

コッチはどんどんイライラして旦那への当たりも強くなるし

ヒートアップする場合もあるのに何でそれが

分からないのかなって思うときが多々あって疲れる(笑)

「どうすれば良いのか」って解決だったり結論を早く

出したいのは分かるけどそれはまた別のときに

そういう話をしてくれれば良いのであって

そのときは何も言わずただ共感を示してくれれば

良いし満足するのになーって。

この先もこの世にオトコとオンナしか居なかったら

ずーっと続く永遠のテーマなんだろうな。

逆にトランスジェンダーの人たちはどうなんだろう。

自分の性別に対して違和感を感じるだけであって

こういう根本的な考え方っていうのは一緒なのかな

気持ちがオンナだと考え方も女性寄りになるのかな

その逆も然りだけど、気になる。