LiNaDiary

備忘録的日常ブログ

シャイニング

続編のドクタースリープが配信されてなかったので今回は40年前に公開されたシャイニングを・・・。

シャイニングも小説ですが原作があるらしく、尚且つストーリーが映画では多少異なる描き方をされている様なのですが読んだことがないので😅映画を見て思ったことだけを書こうと思います。

まずホラーだけど別に怖くはない。怖いというよりハラハラドキドキ系かな?という感じです。

冬の間、管理人として家族3人が、いわく付きホテルに隔離状態で5ヶ月もの間生活をする中で超能力がある息子は過去にホテルで何があったのかを見てしまい、父親も居ないはずの人間に家族を殺せと洗脳されていき・・・危機一髪っていうところで母親と息子は無事に脱出成功!おの振り回しながら息子を追いかけ回してた父親は長い迷路の中で迷って凍死。

殺せ殺せと暗示をかけられ続けている父親は斧を持って母親と息子が寝ている部屋に行くけど鍵をかけられて開かないのでドアを破壊していく。

その間にバスルームの小窓から脱出しようと子供を先に外に出させて母親もってところで挟まって逃げられない、そうこうしているうちに狂気に満ちた父親が次はバスルームのドアを破壊し始めて「あっ」と思ったところで、きっと超能力を持っているであろうホテルの総料理長が遠く離れた自宅のベッドで、これからホテルで起こるであろう惨劇を見てしまい慌てて助けに行くのですが、ドアを開ける音で父親に気付かれてしまい、母親は間一髪のところで命拾いして包丁持ったままホテル内をウロウロ。

料理長はエントランス付近で殺され、先に窓から外に出た息子を追いかけるために父親も外に出るけど巨大迷路に逃げ込み必死に走り回る。

雪が積もってて足跡が付くからその跡を追って追いかけ回すけど機転を利かせた息子は迷路の陰に隠れるために足跡を手で消して身を潜めてるうちに父親も近くに迫って来たけど足跡が無いので、どこに行ったのかわからず名前を叫びながら探し回る。

超能力のおかげで超複雑な巨大迷路から抜け出せた息子はホテル内をウロウロして外に出てきた母親と無事合流出来て料理長が乗ってきた車で逃げる。

父親は結局、巨大で複雑な迷路で迷って出て来られず斧を持ったまま迷路内で凍死した話。

最後の15分~20分?が一番ハラハラドキドキしたシーンだったけど他は特に・・・って印象でした。

ただ、隔離状態の中で家族を殺せと洗脳されていく父親の顔や目つきがどんどん変わっていくさまは凄いなぁと、優しい雰囲気のままなら全く怖くないけど物語が進むにつれて家族を殺す事だけに執着して狂気に満ち溢れた顔つきになって、そこに恐怖を感じました。

ドクタースリープの主人公は母親と脱出成功した息子が大人になってまたあのホテルに戻ってくるという話らしいので、そっちも気になるところですが配信されてないので・・・されることを願う!!(笑)